FC2ブログ
a u b e + 

aube越川による素敵なカーテンやコーディネート術などのご紹介と、気ままな日常記。

  a u b e + のナビゲーター   トップページ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エモーショナルなカーテン-2

2018 - 07/27 [Fri] - 10:29

前回お話したエモーショナルなカーテン、今回はその続編として白黒ストライプの効用についてお話します。

ボクはいつも、セミナーや執筆の際に「白黒ストライプには2つの効用があります」と話しているのだけど、その1つ目は
「デトックス」。例えばお部屋全体が柄on柄などで、ちょっとごちゃごちゃし過ぎたかな?という時に白黒ストライプを取り入れる事で、スッと解毒してくれちゃうんです。

2つ目は、「魅惑する」という効果。1つ目の解毒と反対に、少し毒っ気を出して妖艶さを出します。同じ白黒ストライプなのに、使い方次第で正反対の効用があるから不思議ですね。この「魅惑する」、「毒っ気を出す」、「魅惑する」というのがエモーショナルにつながるんですね。


IMG_9275_20180727095732f88.jpg

バランス(上飾り)とドレープのヘム(縁取り)に白黒ストライプを使った例。この妖艶さは白黒ストライプでしか出せないんです。また、スワッグバランスは生地をバイアス使い(斜めに使う)する事でヒダが綺麗に出るのだけど、それによってストライプの向きが水平から垂直に90°変化する所も妖艶さにつながります。


IMG_0950.jpg

メインの花柄を引き立てる脇役として。でも間延びせずに妖艶さを出せるのは他になかなか無いんです。ストライプの向きを変える、ピンクパープルの挿し色を加える、という事でさらにエモーショナル感増し増しで。


IMG_0017_201807270957303dc.jpg

アリス・イン・ワンダーランドをイメージしてデザインしたバランス。全体を王冠に見立てたシルエットとして、裾にダイヤ、スペード、ハートのカッティング。その奥に見える白黒ストライプが「毒」のイメージ。これが入る事で単に可愛らしいだけでなく妖艶さが加わって、デザインに深みを増してくれるんです。


どうです?白黒ストライプ。昔だったら、「葬式みたいだ~」なんて言われて避けられたりしたものだけど(笑)、今ではエモーショナルに欠かせないデザインの一つになりました。


◆下のボタンを押して応援して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら


      

スポンサーサイト

エモーショナルなカーテンって???

2018 - 07/15 [Sun] - 17:52

2~3年位前から、デザインやコーディネートをする時に、「エモーショナルなデザイン」という事を強烈に意識するようになりました。
「美しさ」や「カッコよさ」と同様に「エモーショナル」っていうのも基準が無いし、人それぞれだから極めて感覚的な事なのだけど、自分の中では凄く意識しています。

基準が無いと言っても自分なりに条件っていうのはあって、あえてそれを言葉で説明すると・・・、
1.意外性
2.妖艶さ(あやしさ、毒っ気)
3.ハッとするくらいの美しさ
という3つの条件が挙げられます。

3の美しさって言うのは当たり前っちゃ当たり前なのだけど、1と2がエモさには結構重要なんですね。ただ難しいのは、人それぞれの基準があって、それをほんの少し上回る必要があるのだけど上回り過ぎてもダメで、そのさじ加減が一番難しいんです。

それはさておき、エモさを意識した事例をいくつか紹介しますね。


IMG_0494.jpg

熱帯雨林が描かれたっていうプリントカーテン。草花とか葉っぱとかじゃなくて熱帯雨林。モチーフの意外性はあるものの、「トロピカルデザイン」という世界的なトレンドがベースにあるから、これは比較的万人受けしやすいかも?


IMG_9674.jpg

ワインレッドをアソートカラーに使ったベットルーム。この妖艶な感じがエモさにつながるんです。ちなみに最近の研究で、赤い色の光はリラックス効果を生む事が証明されているので、寝室に赤い色もアリなんです。ただし、赤を突出させない事や彩度を抑えるなどの配慮は必要ですが。


IMG_9938_20180714194640790.jpg

寝室の入り口にある小窓。既存のレースを生かしつつ、上飾りを追加してエモいデザインに変身。ピンストライプのベルベットをメインに、黒い無地でパフを作って縁取り、カーブ状に設えました。
この色遣いは、今年の1月にフィレンツェのグッチミュージアムで見た試着室のカーテンにインスピレーションをもらったのだけど、それはまた別の回で紹介しますね。


IMG_0394_20180715173912ead.jpg

インダストリアル系もエモーショナルに!一般的にはここに無地や幾何学を合わせるのだろうけど、フランス人のアーティストが食器棚を油絵で描いたというプリントをシェードに仕立てて、生地巾が足りない分はデニム風の無地をアシンメトリーに片側に足してます。

「エモーショナルに」というのは、あくまでボクの中でそう思ってコーディネートしているだけの事なのだけど、それがまた不思議と、出来上がったお部屋を見たお客様から、
「単に綺麗、って言うだけじゃなくて、何かエモーショナルなものを感じる!」
とか
「鳥肌が立つ位素敵!」
とか、うれしいお言葉を頂く事が多くなりました。

面白い事に、あっさりした色使いの無地でおとなしくコーディネートした時にでもそう言って頂く事が多くなって、思いが伝わっている事が嬉しくて、ありがたくて・・・。

次回以降も「エモーショナル」という切り口で、他の事例も紹介していきますね。


◆下のボタンを押して応援して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら



日本全国まわって来ました

2018 - 06/17 [Sun] - 19:08

毎年春先に開催しているヨーロッパトレンドセミナー。最新のインテリアトレンドを日本中に伝えて回るという、重大な任務を背負って、北海道から沖縄まで、全国11都市をまわって来ました。

2月の東京からはじまり、最後は6月初めの広島まで、毎週の様に長距離移動していたのだけど、中には自宅から徒歩5分の会場も。近い所は楽だけど、やっぱり全国各地のご当地グルメは魅力的なんですよね~。

IMG_4467.jpg

高松会場は毎年、東京、大阪に次ぐ多くの方に集まって頂けるホットな場所。今年は香川県インテリアコーディネーター協会のご協力の元、近隣の他県からも多くのコーディネーターさんが集まって下さいました。

今年は単独開催が5会場、インテリアスタイリングプロ主催が1会場、リリカラさん主催が2会場、日本フィスバさんとの共催が2会場、香川県インテリアコーディネーター協会主催が1会場という構成。東京、名古屋、大阪、福岡、高松、仙台、札幌、金沢、横浜、那覇、広島という順でまわったのだけど、那覇に行った時には既に梅雨入りしていて、強烈な蒸し暑さに驚きました。


IMG_4632.jpg

どこの会場でも、セミナーの前日に入って会場を下見します。その後に地元の美味しいものを食べてゆっくりした後、翌日にセミナー、その日の夜に帰るというパターンなので、沖縄でも同様に。下見の後、現地のメーカーさんとの会食までに少し時間があったので、友人でもある日本フィスバの田原副社長らとカーシェアで首里城を見学に行きました。
ボクは初めての沖縄だったので、全てが新鮮!首里城はもちろん、国際通りの賑わいや郷土料理や泡盛などなど・・・。体感した事のないくらいの蒸し暑さにはまいったけど、十分に満喫しました。


IMG_4609.jpg

凄い存在感の金沢駅のファサート。能の鼓(ツヅミ)を取り入れたというデザインは、「世界で最も美しい駅14選」にも日本で唯一ランクイン。どこの都市も外国人観光客が多いけど、金沢は白人の年配のご夫婦が多いのが印象的でした。


IMG_4708.jpg

どこの都市も美味しいものがたくさんあるのだけど、どうしても魚介類と日本酒が中心になっちゃうんですよね~。札幌や金沢はもちろん、仙台も福岡も高松も、どこも魚が美味しいから毎週毎週お刺身が続いちゃうんです。
そんな中、福岡の水炊きはきらりと光る美味しさで、個人的には一番好きな郷土料理で、毎年違う人気店を楽しんでます。
最後の都市広島のセミナーの後、つまり今年の全国ツアーの一番最後を飾った料理は、なんとお好み焼き!

これはこれでボクららしい感じかな?冷たいビールとお好み焼き、これもまた最高です!

そんなこんなで、ここ数か月で2kg増量しちゃったから、今は元に戻すのに苦労してます・・・。

そうそう、セミナーの方は全国で500人近くのコーディネーター、専門店の方々、メーカーや問屋さん、それから仙台と札幌ではインテリアを学ぶ学生さんなどに受講して頂きました。これがいつか、1000人を超えてくると日本のインテリアも変わって来るんじゃないかな?そんな日が来る事を夢見て、また来年のツアーまで本業を頑張っていきます!


◆下のボタンを押して応援して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら


      

東洋のデザインを日本で使う!

2018 - 03/29 [Thu] - 15:33

前回お話した、東洋のデザインがヨーロッパでトレンドになってますよ~、というお話。
これだけ西洋化した日本の住宅、暮らし方にあっては、日本でもそれらのデザインを取り入れる事で、素敵なエクレクティック(折衷)スタイルができますよ、という事なのですが、実例をいくつか紹介しますね。


IMG_4557.jpg

先ずはカーテン。「上海ガーデン」というタイトルのデザインで、古き良き中国の庭からインスパイアーされた、イギリスのトルシア・ギルドさんのデザイン。日本っぽくもありますね。トレンドのリーフグリーンのストライプと合わせて、スッキリ間引いて使いました。


IMG_3045.jpg

江戸小紋の青海波の地模様にドラゴンをアクセントに。ドイツのSAHCO社のベルベットを使ったスツールです。これは一からオーダーして作っていますが、モダンな空間にはこれ位のスパイスを加えても良いんじゃないかな?ドラゴンは今期のグッチのコレクションなどにも使われていて、世界的に人気のモチーフです。


IMG_9938.jpg

同じ空間(玄関ホール)の一角に飾ったファブリックパネルとタイのアンティーク仏像オブジェ。ファブリックパネルはイギリスのニナ・キャンベルのデザインで、鳳凰を思わせる上質な刺繍生地。トータルで東洋+西洋のエクレクティックを演出しています。


IMG_0342_20180329110332b21.jpg

麻の生地にプリントされた、イギリスのオズボーン&リトル社のカーテン用生地「ジャパニーズガーデン」をファブリックパネルに仕立てて額装した物。


東洋のデザインを使うなら、日本の伝統を生かしたmade in Japan も良いけど、一度外国人のフィルターを通したデザインも面白い。コテコテの和だったり、一昔前の東洋のイメージだったり、ちょっとずれている所が面白いんです。

その辺りのデザインを上手に組み合わせて旨く使うのがコーディネートの上級者、とも言えるんですね。


◆下のボタンを押して応援して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら


      

東洋モチーフ-ヨーロッパトレンド

2018 - 03/18 [Sun] - 17:45

ヨーロッパトレンドのもう一つ、「EAST ASIA」。東洋からインスパイアーされたデザインがじわじわ増えています。
今年の主流は北中米とリビエラ地方(地中海北東の沿岸、コートダジュールから北西イタリアにかけての超高級リゾート地)なのだけど、そんな中で東洋、特に日本と中国のモチーフがじわじわ増えているんです。

2年位前から青海波(セイガイハ、江戸小紋の一つ)に始まり、少しずつ勢力を伸ばしつつあるのだけど、これはおそらく東京オリンピックのある2020年の1月まで増えていくように思われます。

今年のフランクフルトとパリで見つけた東洋モチーフのデザインをいくつか紹介します。

DSC_0085.jpg

ドイツのJAB社の壁紙。虎や竜、日本人女性(芸者?)など、こってこてのJAPANデザイン。


DSC_0849.jpg

掛け軸の様な壁紙。でも、あくまでも西洋人が日本をイメージしてデザインしているというところがミソ。だからオリエンタル感(異国情緒)があふれて、怪しさ、妖艶さが醸し出されます。


IMG_1540.jpg

ファッションデザイナー、ジャン・ポール・ゴルチエがデザインした椅子張り生地。日本びいきのゴルチエは元々多くの東洋的なデザインを出しているのだけど、今年は一押しのデザインとしてこれを展示していました。

今までは、「こういった東洋のデザインは西洋人が異国情緒を楽しむためにあるのであって、日本ではちょっとな~」って思っていたのだけど、これだけ住宅や暮らしが西洋化した今の日本では、逆にこれが異国情緒につながって、神秘的なイメージで面白いんじゃないかな?ってボク自身も思うようになりました。さらに直接日本の伝統的なデザインを取り入れるより、一度西洋人のフィルターを通してデザインされた物の方が面白い!

「西洋人のフィルターを通した東洋のデザイン」、面白いですよ~!


◆下のボタンを押して応援して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら



Urban Oasis なカーテン

2018 - 03/13 [Tue] - 17:50

前回お話した、今のヨーロッパのトレンドの大本命、「Urban Oasis(アーバンオアシス)」。トロピカルなデザインの中でもコッテリ目のデザインをラグジュアリーに使うというトレンド。日本でもこれを上手く使っていくと、この先7~10年はぶっちぎりで素敵なインテリアが保てると言っても過言で無い位くらい。

では、カーテンだけでどうやって上手く取り入れていくかっていうと、例えばこんな感じ。

IMG_9721.jpg

南国系の植物と南国系の猿や鳥が組み合わされた、結構コッテリしたトロピカル柄。それでいて余白も取ってあるから使いやすいプリントカーテン(スイスのクリスチャンフィッシュバッハ製)。写真だとわからないけど、地模様にアールデコ調の柄が入っているので、ラグジュアリー感も十分。それから・・・、

IMG_9915.jpg

南国系植物プリントも、正に今のトロピカル柄。中でもこのバナナリーフや、オーガスタ、フェニックスなどは特に注目のモチーフです。こちらはイタリアのブローシェ社の物で、エルメスのスカーフなどをプリントしているブランドだけに、上質感は半端じゃないんです。それでいて凄く高価なわけでもないのでお勧めの生地の一つ。2窓共バナナリーフにしちゃうとさすがにくどいから、片方はストライプでデザインを“間引く”事でバランスを取っています。

もちろん壁紙や照明、家具なども一緒にコーディネートすれば更にハッキリした世界観を作れるけど、大きな面積を占めるカーテンだけでも印象が大きく変わりますよ~!


◆下のボタンを押して応援して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら
      


 | HOME |  »

プロフィール

Youhei Koshikawa

Author:Youhei Koshikawa
越川 洋平
㈱オーブインターナショナル代表
生年月日:1972年 7月24日生
出身  :東京都
血液型:O型
趣味  :ゴルフ、グルメ

輸入カーテン専門店のオーナーとして、コーディネーターとして奮闘中。
毎年3週間かけてヨーロッパのショーを取材して回るトレンドウォッチャー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。