a u b e + 

aube越川による素敵なカーテンやコーディネート術などのご紹介と、気ままな日常記。

  a u b e + のナビゲーター   トップページ > 2010年01月  

メゾン・イン・パリ-その1

2010 - 01/30 [Sat] - 16:10

ついに1月29日、日本に帰国してしまいました。
ボクらが原稿を書いている業界紙「インテリアビジネスニュース」の原稿の仕上がりが遅れ遅れになってしまい、ドイツのハイムテキスタイルの原稿が出来上がったのがパリに着いて数日後、入稿締め切りにギリギリセーフ!その間ギリシャにいる時も大半の時間がそちらに割かれてしまい、ブログの更新はもちろん、観光まで満足にできず仕舞いでした。

帰国してからもちょっとずつ更新していきますので、気長にお付き合いを!

さて今回は、1月22日から回った「メゾン・エ・オブジェ」の“エディトゥール”のお話の1回目。
ご存知のように、今年は大半のエディターが“Deco Off”に分裂しちゃったのですが、“エディトゥール”も大幅にスケールダウンして、しかも場所を5号館に移して継続されました。

もともと、22日の夜にパリに入って23日からメゾンを回る予定だったのですが、急きょ予定を変更して1日早い21日の夜にパリに入りました。何で予定を変更したかと言うと、22日のAM11:00から「トリシア・ギルド」さんに取材をできる事になったんです!イギリス王室がらみのお仕事をされ、今一番注目されている超カリスマデザイナーに直接取材できるとあって、感激!

21日の夜、アテネから3時間ちょっとのフライトでパリに到着。原稿を書く仕事があるといっても、1日の半分はオフだし、暖かいし、緩い生活をしてたアテネからパリの忙しい毎日に無理やりスイッチをON!


IMG_5361.jpg

シャルルドゴール空港からちょっと高いけど、今回はエールフランスのバスを使って「ガードリヨン」まで行き、そこから歩いていつものホテルがあるバスティーユへ。思ってたより距離があるわ、寒いわでちょっと大変だったけど、バスティーユ広場に着くといつもの賑わいを見て「とうとうパリに来ちゃった~」の実感が。


IMG_5362.jpg

たぶんしばらくはボクらのパリの常宿になる、いつものホテルのアパートメントタイプの部屋。今年はカーテンやソファなどのファブリック関係が一新されていました。ベットルームとリビングが別々になっていて、ダイニングセットがあって仕事もしやすいし、キッチンも便利。


IMG_5369.jpg

22日の朝、メゾンの会場へ。いきなりトリシア・ギルドさんの取材があるので、無理やりにでもスイッチを入れざるを得ません。プレスルームで荷物を預けた後は、先ずエディトゥールに直行して、デザイナーズ・ギルドの新作をチェック。11時まで時間があるので、質問内容をゆっくり考えようかな~なんて思ってたら、お付の方々から、
「質問内容を事前に提出してください。」
思っていたよりも更に厳戒態勢。しかも取材の直前には
「トリシアはちょっと機嫌が良くないみたいなので、気をつけてください・・・」
さらに生のトリシアさんを見れるということで、続々と人が集まってきて、ボクらの緊張もピークに!

肝心の今年のギルドはどうかというと、更にジオメトリックデザインが増え、花柄はよりカントリーに。麻も増えた感じで、この流れはどこも同じ。でもギルドらしい色使いは健在で、進化したジオメタリックとの組み合わせや、1巾の中に全く違うデザインが組み合わされたり、楽しさも満載。やっぱり楽しくなくちゃね!
トリシアさん曰く「花柄とジオメタリックの組み合わせが今は一番好きね」
確かに、かなりカッコいいです。


IMG_5390.jpg

トリシア・ギルドさん。詳しいインタビュー内容は「インテリアビジネスニュース」をご覧ください!購読されて無い方のために、aubeのHPでもオンライン版にリンクしますのでご安心を。

実は同じく日本から堀和子さんが取材をされ、ボクらの前にインタビューをされたのですが、ボクらが用意した質問はことごとく掘さんが質問されてしまったので、急遽質問内容を追加。
ヒデキさんの
「自宅のベットルームのトリムを選んでもらう作戦!」
が事の他トリシアさんのツボにはまって、ノリノリに!たぶんずっとインタビューが続いたことだろうし、各国のプレスも質問内容はそう変わらないだろうし、飽き飽きしてた所に新しいパターンが来たので良かったのでしょう。


IMG_5379.jpg

椅子の表側に比較的おとなし目の無地やストライプを使い、裏側にストロングカラーのジオメタリックを張っているのが印象的。このパターン、かなりお勧めです!


IMG_5439.jpg

こちらはギルドのお隣のブース、フランスの「エリティス」。
去年はジャポニズム全開だったけど、今年はチャイナ&インド。特にベルベットに竜のプリントは凄いインパクト。チャイナと言っても、香港・マカオ的な印象で、かなりのストロングデザイン。


IMG_5419.jpg

今年もエディトゥールで頑張って出展されていたサンゲツのブース。そこでなんと、モダンの巨匠“ウルフ・モーリッツ”にバッタリ。毎年こんなショットがあるけど、ヒデキさん、ウルフと顔なじみなんです。しかもこの日はサコの生地で作ったジャケットを着ていた事もあって、何やら談笑中。

サンゲツのブースは年々完成度が増して、完全にエディトゥールの中でも戦えるようです。個人的には、もう一つ尖がった個性があるといいと思うんだけどな~、ファブリックで。テクニック的には凄い物も多く、ウルフも念入りにチェックしていました。

次回もエディトゥールの続きです。お楽しみに!

 同時進行でヒデキさんのブログも更新中。 「ヨーロッパ弾丸ツアー2010」はこちら

       aube のHPはこちら

 | HOME |  »

プロフィール

Youhei Koshikawa

Author:Youhei Koshikawa
越川 洋平
㈱オーブインターナショナル代表
生年月日:1972年 7月24日生
出身  :東京都
血液型:O型
趣味  :ゴルフ、グルメ

輸入カーテン専門店のオーナーとして、コーディネーターとして奮闘中。
毎年3週間かけてヨーロッパのショーを取材して回るトレンドウォッチャー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード