FC2ブログ
a u b e + 

aube越川による素敵なカーテンやコーディネート術などのご紹介と、気ままな日常記。

  a u b e + のナビゲーター   トップページ > 2016年06月  

アクセントカラーの今

2016 - 06/19 [Sun] - 19:08

インテリアのアクセントカラー(挿し色)って、全体的に無彩色がベースなら基本的に何色を入れても良いと思うのだけど、10年以上ヨーロッパのカーテンや家具の展示会を取材していると、その年その年でトレンドとなるカラーがあるんです。

トレンドカラーというのは、毎年専門の機関が「今年の色」として発表しています。インターカラー(国際流行色委員会)やアメリカのパントン社が発表するカラーオブザイヤー、JAFCA(日本流行色協会)などが良く知られているところなのだけど、ことインテリアのアクセントカラーだけに絞って見てみると、必ずしも一致しないのが面白い所。(思想や傾向は別にして)

ここ2年の海外展示会の動向を見ると、アクセントカラーとしてはイエロー系が目立ちます。「トレンドとは人々の欲求の表れ」なので、これはとっても大事な指針になってくれるんですね。

という事でボク自身も提案に取り入れる事が多くなったし、お客様もアクセントカラーにイエロー系をセレクトされる事が多くなりました。

アクセントカラーを取り入れる方法として、一番お手軽なのはクッション。例えば、先日ここで紹介したこれもそう。

IMG_1797.jpg

カーテンの中だけで、アソートカラーとアクセントカラーを作り出す事も可能です。

例えば、非常に大きな窓があるマンションのリビングルームなどは、1種類のカーテンだけで全て覆うようにするとなると、結構難しくなるものです。サッパリしすぎたり、ちょっと攻めるとうるさくなっちゃったり。

そんな時はアクセントを差し込めばOK!

IMG_4055.jpg

アクセントカラーがノッペリした退屈を遠ざけてくれるんです。

それからこんな感じでリズム感を出してみたり・・・。

IMG_4080.jpg

これもベースの白い生地だけだと無機質すぎちゃうから、このアクセントが非常に大切。

という事で、アクセントカラーとしては最近多いイエロー系を紹介しましたが、基本的には何色でも良いとは思います。ただ、もし「これ!」と定まっていなかったり、「いつも同じ色を選んじゃうから、ちょっと目先を変えたいな~」という方は、イエロー系を候補に挙げてみてください。トレンドカラーは、たとえ初めは違和感があったとしても、時間が経つと素敵に見えるようになるものです。

なぜそうなるか、その「トレンド論」を話すと、1時間のセミナーができちゃうくらいだから割愛するけど、簡単に言うとTVや雑誌や街のあちこちで目にする物で目や脳が慣らされて、自然と思考がそっちに向かう傾向があるんです。

それに何色にせよ、綺麗な色がお部屋の目立つところにあること自体が、とっても素敵ですよ!



◆宜しければ下のボタンを押して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら


      

« | HOME |  »

プロフィール

Youhei Koshikawa

Author:Youhei Koshikawa
越川 洋平
㈱オーブインターナショナル代表
生年月日:1972年 7月24日生
出身  :東京都
血液型:O型
趣味  :ゴルフ、グルメ

輸入カーテン専門店のオーナーとして、コーディネーターとして奮闘中。
毎年3週間かけてヨーロッパのショーを取材して回るトレンドウォッチャー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード