FC2ブログ
a u b e + 

aube越川による素敵なカーテンやコーディネート術などのご紹介と、気ままな日常記。

  a u b e + のナビゲーター   トップページ > 2016年06月  

吊り方の演出-2

2016 - 06/25 [Sat] - 18:29

カーテンのヒダは一般的に、トップに芯地を入れて折り返し、2ッ山とか3ッ山とかのヒダをつまんでフックを指してレールに引っ掛けます。お行儀の良いキッチリしたヒダ山が出て、いわゆる綺麗な仕上がりになります。

逆にきっちりさせたくない時、ルーズ感を出したい時には、芯を入れず、ヒダ山も作らずに仕立てれば、ゆる~い感じで仕上がるんです。

一昔前だったら許されなかったルーズさだけど、今はこの仕上げが結構人気があるんです。

IMG_4001.jpg

IMG_4009.jpg

写真のリビングは、ウッドブラインドで機能性を持たせて、麻のレースをルーズに吊る事で「抜いた感じ」を演出してます。
もちろんこうやってトップを仕上げると、丈が一定にはならないので裾をブレイクさせる(引きずる)必要があるのだけど、それもまたルーズさを演出するスパイスになってくれるんです。

IMG_3999.jpg

同じ生地でも、吊り方一つでイメージが大きく変わるんですよ~。カーテンって面白いでしょ!


◆宜しければ下のボタンを押して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら


      

 | HOME |  »

プロフィール

Youhei Koshikawa

Author:Youhei Koshikawa
越川 洋平
㈱オーブインターナショナル代表
生年月日:1972年 7月24日生
出身  :東京都
血液型:O型
趣味  :ゴルフ、グルメ

輸入カーテン専門店のオーナーとして、コーディネーターとして奮闘中。
毎年3週間かけてヨーロッパのショーを取材して回るトレンドウォッチャー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード