FC2ブログ
a u b e + 

aube越川による素敵なカーテンやコーディネート術などのご紹介と、気ままな日常記。

  a u b e + のナビゲーター   トップページ > 2017年06月  

フレームにこだわるファブリックパネル

2017 - 06/12 [Mon] - 18:43

壁の装飾として、比較的安価でアクセントの効果が高く、デザインや大きさの自由度が高い事から人気の、ファブリックパネル。雑貨屋さんで安価に売っている物から高級な物までバリエーションも豊富。オーブでも色々なタイプをデザインして製作していますが、今回はフレームにとことんこだわった製作例を紹介します。

今回は使う生地と形は決まっていたので、フレーム(額縁)をどうするかというのが問題でした。通常お勧めしているフレームが80種類位あるので、大抵はその中でイメージに近い物をお勧めして作っているのだけど、今回は太さや色、仕上げの仕方など、ちょうど良い物が無かったので、オーダーメイドで製作する事に。

1から木を削って作る事もできるのだけど、それだとコストがかかりすぎちゃう。そこで「モール材」を使ってフレームを作り、お好みの塗装を施して仕上げる事にしました。モール材って言うのは、良く天井と壁の間の角なんかに装飾として付ける飾りに使われるのだけど、それ以外にもオーダー家具の縁や鏡の縁なんかにも使われます。デザインやサイズのバリエーションが多いので、こんな時にはピッタリな材料なんです。

先ずはデザインと太さを選びます。

03.jpg02.jpg

イメージに近い物をいくつかリストアップして、お客様と相談しながら絞り込んで行き・・・


01_2017061218045759b.jpg

これに決定!これに塗装を施して仕上げます。


A.jpgB.jpg

お好みを伺った上で、仮に塗装を施した切れ端をお客様に送ります。塗装は微妙な色合いや仕上げ方など、写真では確認し辛いので現物を確認しないとわからないんです。(ここでは色と仕上げの確認なので、サンプルは実際のモールのデザインとは違います)


C.jpg

これに決定!黒に近いダークブラウンで、少しビンテージ感が出るように薄塗り仕上げで。


!cid_image002_jpg@01D2D309.jpg

完成!今回はウイリアムモリスの「イチゴドロボウ」を使って横長に製作。庭のイチゴを鳥がついばんで持って行ってしまうのを見たモリスさんが描いたデザインなのだけど、あえてそのイチゴをついばんでいる鳥の無い所で製作するという、シュールな?切り取り方で(笑)。


!cid_image003_jpg@01D2D309.jpg

もう一つのこだわりは、この膨らみ。せっかくファブリックを使ってるので、布らしさをアピールするようにウレタンを入れて膨らみを付けます。


今回は遠方のお客様だったので、全てメールと郵送のやり取りで進めました。お届けした後にお客様から大満足されたといううれしいメッセージと共に、写真を送って頂きました。

ありがとうございました!


image12.jpg


ファブリックパネルも、選ぶ生地だけでなく、フレームや仕上げ方などで大きく印象が変わるものですよ~。
全国どこからでも、ご依頼お待ちしてます!


◆下のボタンを押して応援して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら
      


 | HOME |  »

プロフィール

Youhei Koshikawa

Author:Youhei Koshikawa
越川 洋平
㈱オーブインターナショナル代表
生年月日:1972年 7月24日生
出身  :東京都
血液型:O型
趣味  :ゴルフ、グルメ

輸入カーテン専門店のオーナーとして、コーディネーターとして奮闘中。
毎年3週間かけてヨーロッパのショーを取材して回るトレンドウォッチャー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード