FC2ブログ
a u b e + 

aube越川による素敵なカーテンやコーディネート術などのご紹介と、気ままな日常記。

  a u b e + のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> コーディネート術 > ヨーロッパのトレンド-Urban Oasis  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパのトレンド-Urban Oasis

2018 - 03/07 [Wed] - 18:08

前回お話したように、この時期はトレンドセミナーで全国各地を回るのですが、それはいわゆるプロ向け。でも、一般の方にも是非見てもらいたいので、ここで少しずつ紹介していきますね。超わかりやすく!

先ずは1つめ、「Urban Oasis」というトレンドから。

HT27.jpg

ここ数年、南国のデザインがトレンドになっていて、それが年々こってりしたテイストに進化しています。南国と言っても、ハワイやバリなどのリゾートではなく、南フランスの地中海に面した高級リゾート、コートダジュールから北西イタリアにかけての「RIVIERA地方」がイメージ。だんだんとコッテリしていって、とうとうここまでコッテリしちゃった~、というイメージです。

何がコッテリかって、先ずは色。ダークグリーンや濃いめのターコイズをダスティーローズと合わせて、ゴールドを効かせる、という具合に。それからプランツ類も「うっそうとしたジャングル」を思わせるほどのボリューム感が求められます。


D34.jpg

これなんかも典型的。この色使いが今年っぽい。


D47.jpg

とにかくコッテリなんですよね。こういう設えのレストランは、既にパリ市内でも多く見られているけど、知らないで見ていると、「掃除が大変そうだな~」位にしか思わないかも?(笑)

都会のオアシスとして、グリーンを取り入れるのは昔からある思想だけど、とにかくそれを新しく見せるには、コッテリさせるのが一番早い。ボクはそれを「ゴッテリ・トロピカル」と呼んでいるのだけど、カッコよく言えば、今流の「Urban Oasis」。

それをもうちょっと洗練させて使いやすくまとめた写真はこんな感じ・・・

Amazonia by Pepe Penalver

これなら行けそうでしょ?スッキリまとまっているけど、深めの色使い、南国リーフ柄のクッションの柄は余白が少なく柄がビッシリ。これ位なら真似しやすいかもしれませんね。

このテイストも不思議なもので、初めはちょっとくどいかな~って思っても、たくさん見ていくとこれがちょうど良くなっちゃうし、逆にちょっとさっぱりしていると物足りなくなっちゃう、というか古臭く見えちゃうんです。

新しい今のラグジュアリーとして、覚えておいてくださいね。


◆下のボタンを押して応援して下さい!◆
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村


aubeのHPはこちら

      


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aubenet.blog61.fc2.com/tb.php/214-21c873d5

 | HOME | 

プロフィール

Youhei Koshikawa

Author:Youhei Koshikawa
越川 洋平
㈱オーブインターナショナル代表
生年月日:1972年 7月24日生
出身  :東京都
血液型:O型
趣味  :ゴルフ、グルメ

輸入カーテン専門店のオーナーとして、コーディネーターとして奮闘中。
毎年3週間かけてヨーロッパのショーを取材して回るトレンドウォッチャー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。