a u b e + 

aube越川による素敵なカーテンやコーディネート術などのご紹介と、気ままな日常記。

  a u b e + のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> コーディネート術 > トレンドカーテン-1  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドカーテン-1

2012 - 04/15 [Sun] - 18:06

暑かったり寒かったり、毎朝何を着れば良いのか頭を悩ますこの頃です。
今回は「カーテンのトレンド」について。

話せば長くなるので、詳しくは別の機会にお話しますが、カーテンの世界も年々トレンド性が高まり、ファッションのトレンドとも密接にリンクしてくるようになりました。

少し前なら、「トレンドのカーテンを入れるとすぐ飽きたり、すぐ時代遅れになっちゃうので・・・」なんて言われる方も多くいたのですが、最近は積極的に取り入れてくださる傾向にあります。もちろん、提案するこちらが意識しているだけで、お客様は単に好みを仰って頂くだけ、という場合が多いのですが。

アパレルの世界でも、毎年新しいトレンドは生まれてきますが、大きな流れは5年サイクルと言われています。当然インテリアではそのサイクルがより長く、7年位、というところでしょうか。買い替えのサイクルが10年だとすると、10年間無難にやり過ごすより、7年間ぶっちぎりでカッコ良い方が良くないですか?

前置きはこの位にして、今回ご紹介するのは、今年のトレンドのキーワードの1つにもなっている「軽量感」。

12041501.jpg

この写真はルイ・ヴィトンの今年の新作。(と言っても、発表されたのは昨年秋ですが)
数年前からルイ・ヴィトンの洋服の方をデザインしているマーク・ジェイコブスのデザインなんですが、その「軽量感」を象徴的に使っているデザインで、VOGUEの表紙も飾っています。

そのイメージをカーテンに持ってくるとこんな感じ。

IMG_8166.jpg

軽量感、透明感が品良く表現されたシナサンドのハーフ・トランスペアレンツ(中薄地)。
陽が差すと床に有機的な影が落ちて、幻想的な雰囲気を作ってくれます。

ちなみに“トレンド”は、様々な好みのテイストに対応できるようになっているので、クラシックでもエレガンストレンドの要素を取り入れる事が出来るんですよ~。ボクも色々なところでお話してますが、「クラシック」と「古臭い」は別物。特にクラシック系はそうならないように注意して、上手に「オシャレな今風クラシック」を目指しましょう!

     aubeのHPはこちら


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aubenet.blog61.fc2.com/tb.php/88-243265d9

まとめteみた.【トレンドカーテン-1】

暑かったり寒かったり、毎朝何を着れば良いのか頭を悩ますこの頃です。今回は「カーテンのトレンド」について。話せば長くなるので、詳しくは別の機会にお話しますが、カーテンの世界も年々トレンド性が高まり、ファッションのトレンドとも密接にリンクしてくるようになり...

 | HOME | 

プロフィール

Youhei Koshikawa

Author:Youhei Koshikawa
越川 洋平
㈱オーブインターナショナル代表
生年月日:1972年 7月24日生
出身  :東京都
血液型:O型
趣味  :ゴルフ、グルメ

輸入カーテン専門店のオーナーとして、コーディネーターとして奮闘中。
毎年3週間かけてヨーロッパのショーを取材して回るトレンドウォッチャー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。